2022年03月23日

完結記念かいてんげるのお話その2

今回は主役であるかいてんくんのお話。
これもまた10年前に書いたことの再掲みたいになりますが、改めてということで。
雑記026.jpg
前回に書いた通り、かいてんげる連載当初は本来の長いストーリーはやるつもりはなかったので、ダイジェストの話でも分かりやすいようにナレーション役というか狂言回し的な感じで世界を見る感じのキャラを置きたいな、という考えで作ったのがかいてんくんというキャラでした。

これも10年前の再掲になりますが、初期イメージはこんな感じで「ああっ女神さまっ」に出てくるばんぺいくんをモチーフにして、それを色々いじくって連載開始時の形になりました。
おまけ5・1.jpg
ただ実の所かいてんくんのデザインは当初はそんなに気に入ってたわけでもなく、物語の進行とともに理論にあちこち改造させて、最終的には人間っぽい外見にするつもりでした。
でも描いてる時にふと閃いて風船のようなでっかい手を描いてからは、それがなんかしっくりきて自分の中でキャラが立った感じになったんですね。
(結局改造したのは、人間の服を着せやすいように手の出る位置を変えたくらい)


「かいてん」の名前はメタ的には「かいてんげる」のタイトルから付けたのですが、作中においては彼を拾ったすもぐりくんが「お前頭くるくる回転するからかいてんな」って命名した形になります。
このエピソードを最初の方に出しそこねて、実際に作中で出したのはもう終盤も終盤になってからのかいてんくんの回想という形になってしまったのは、失敗したなあって思う事の一つだったりします。(^^;


元々狂言回し的役割だったので、彼自身はどちらかと言うと傍観者で物語の根幹を引っ張っていくという形ではなかったのですが、仕切り直して長編を最後までやる(かもしれない)ってなった時に、改めて彼を本格的に物語に関わらせる仕組みを考えて、そこで相手役?としてのイェミリアを置いたのです。

地球人で今一緒にいる理論と、マグアス人で過去の関係があるイェミリア。
この二人との三角関係みたいな形を想定していたのですが、キャラクターの性格を突き詰めて考えていくと、どうも理論は恋愛脳にはなりようが無いって思ったので、この関係は最後まで結論が出ない形で終わってしまいました。
かいてんくんはかいてんくんでありマグアスの「あの人」ではない、という事も重要なポイントなので、単純にイェミリアに乗り換えるって形にはしなかったのですが、このあたりの展開も、もうちょっと何とか出来れば良かったかなあと思っています。


完結して改めて、かいてんくんって絵的にも描きやすくて(笑)動かしやすい良いキャラだったと思います。
posted by おおゆき at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック